CMerTV

NEWS

「CLUB CEO」放送情報 【95回放送】株式会社トイファクトリー 藤井昭文 代表取締役

記事はこちら

経営者とZ世代をつなぐ未来創造番組「CLUB CEO」(interfm 毎週日曜日朝7:00放送 パーソナリティ:弊社代表五十嵐彰)に 株式会社トイファクトリー代表取締役 にご出演いただきました。番組の概要は下記のとおりとなります。

※画像1枚目 左から山口取締役CMO、Z世代ゲスト池田さん、SMBC松本さん、Z世代ゲスト川崎さん、五十嵐。画像2枚目 左から山口取締役CMO、五十嵐。

放送日 : 2024年1月14日(日) 朝7:00-7:55
放送局 : interfm
出演者 : 藤井昭文(ふじい あきふみ)さん
( 株式会社トイファクトリー代表取締役 )

略歴>
1971年7月2日生まれ。53歳の年。
1986年 岐阜県立可児工業高等学校入学
1989年 建築士を目指して、東京デザイナー学院入学
1995年 幼少期からの旅好きが高じてキャンピングカーを製作する
トイファクトリーを設立、現在に至る

 

Z世代 : 山本 乃々佳さん (栃木県立矢板東高等学校 3年生)

活動>
栃木県出身。将来は国会議員を目指しており、若者の政治参画を促すためのメディア出演や街頭演説を行っている。25ans(ヴァンサンカン)にも環境活動家として掲載。その他にも、サステナブルコスメアワード学生審査員.、化粧品ロスに取り組む学生団体RCAP所属、コロンビア大学経営大学院公式プログラム修了生でもある。また、酒蔵のコンサルも務めている。

Z世代 : 関口響仁さん ( ネットの大学managara 経済学部 2年生)

活動>
様々な業種の経営者や従事者との対話を通じて業界の問題を理解し、アルバイトとして現場を経験することで業界の現状を把握している。写真撮影、全国各地への旅行、スキー、車の運転、アニメや音楽鑑賞など多岐にわたる趣味を持っている。

 

放送内容: 実践から生まれる高品質なキャンピングカー

1995年に岐阜県可児市から誕生したトイファクトリーは、キャンピングカー および特殊車両の製造・販売を中心に事業を展開。 「自分が乗っているからわかる車作り」をコンセプトに社長自らキャンピングカーで旅に出て、ユーザーの視点から車作りを追求している点がトイファクトリーの誇り。新型車両が登場するたびに自らがテストを行い、改良点や新たなニーズを見つけ出す。藤井さんのコンセプトは「乗ってなんぼ!」

自動車と住宅設計の融合

車の中に居住空間を作るため、自動車と住宅の知識が必要。
住宅の設計は一般的に四角い形状を基本とするが、自動車は移動するために形状がねじれることがあるため、自動車の設計には特別な3Dモデルの知識が必要。また、5年、10年と長期間にわたって安全かつ安定して使用できるようにこだわって設計、制作を行っている。

多機能キャンピングカーを展開

レジャー用としての用途に留まらず、多機能キャンピングカーの開発にも力を入れている。移動式の救護室として10年かけて制作された救護室付きモデルや選挙の投票ができるキャンピングカーを制作。選挙権のある学生が通う学校や、僻地に住んでいる方々のもとへも駆けつけることができ、投票率の向上に貢献している。

トイファクトリー、キャンピングカーオブ・ザ・イヤー大賞を歴代受賞

キャンピングカー業界での革新と卓越した品質を認められ、年間で一番支持されたキャンピングカーを表彰する「キャンピングカーオブ・ザ・イヤー大賞」を歴代受賞。

 

未来創造会議テーマ 企業のオリジナリティ (Z世代→経営者)
山本さん:起業を目指しており、独自性やオリジナリティを出すのは難しく、一から何かを作るのは大変だと感じています。その部分についてアドバイスを頂きたいです。

藤井さん:一言で言うなら、『好きなことを追及する』こと。自分が好きなものなら、どれだけでも頑張れる。24歳で起業をした時から、その気持ちは今も変わらない。『はじまりはいつでもトイファクトリー』から。ものまねは面白くない。好きな気持ちの中で完成度を磨きながら作るのが大事。一般的に「趣味と仕事を一緒にするのは後悔する」という意見もありますが、私は逆でやってよかったです。大好きなことが力になっていると感じます。

山本さん:まだ自分の『大好き』が見つかっていないので、これから活動する中で見つけていきたいです。

関口さん:トイファクトリーのHPを見ていると、製造ラインで制作するのではなく、一人の職人が1台を作り上げていました。そのような方式を採用している理由は何でしょうか。

藤井さん:一人の職人が責任を持って作るために、馬小屋方式を採用しています。お客様が1台のキャンピングカーを購入されるまでの思いは非常に大きい。それを大量生産してしまうと、その気持ちが薄れてしまう。一人一人の職人には、その大切な思いを忘れず、1台1台を大事に作ってほしいという思いがあります。

未来創造会議テーマ 若者の車離れ (Z世代→経営者)
藤井さん:自分の娘や息子が車に興味がない。車への関心が薄い若者が多いと感じるので、理由を聞いてみたい。

関口さん:お金がかかるからです。僕の住んでいる長野市はガソリン代が全国1位を誇るほど高い。また、魅力的な車が少なくなっている。昔のように安くて速い車がない。車が無くても生活できる環境が整っていると、必要性が無くなり買わないのではないのでしょうか。

山本さん:(山本さんも同意見で)走行距離税が検討されたこともあります。車を買っても維持費やお金の問題が大きいのではないでしょうか。私が国会議員になったら、外貨を稼ぐ政策を推進します。海外に向けて、自動車と新しい産業を組み合わせて稼ぐのは良いアイデアだと思います。

藤井さん:中国の広州モーターショーに初出店し、アジアエリアからも声がかかっています。さらに、ブータンの国王が乗る車も制作。ドライブや足としてだけでなく、好きな場所で好きな空間を過ごせることを若い人にも知ってほしい。

藤井社長が厳選する日本のNO1スポットとは?

「ここは絶対行ってほしいおすすめの場所」として鹿児島県の玉手箱温泉を紹介。「日本で一番大きな露天風呂で、海と温泉しか見えません。海と温泉の境界線が無いんです」とのこと。

番組を通じてZ世代の感想
山本さん:トイファクトリーの成り立ちと藤井さんの経歴を知り、
「とりあえず挑戦しよう!」と思いました。藤井さんのバイク事故からの復帰と成功は、多くの人が逆境に直面した際に下を向いてしまう中、藤井さんは這い上がって成功を収めている。これが多くの若者にエネルギーを与えていると思います。私の出馬したときの選挙カーをぜひ作ってください!

関口さん:キャンピングカーにとどまらず、さまざまな特殊車両を作る中で、問題点や難しさ、要求度があると思います。しかし、一人一人の職人も含め、会社全体でアイデアを出し合って解決しているのは素晴らしい事だと思いました。自身もメカニック気質であることから、藤井さんのアプローチを参考にしたいと述べました。

藤井社長にとって「キャンピングカー」とは?
『人生の宝物!』

選曲:

1曲目) 希望の轍(サザンオールスターズ)※藤井さん
2曲目) 雨上がりの夜空に(RCサクセション)※藤井さん
3曲目) 情熱大陸(葉加瀬太郎)※藤井さん
4曲目) 7997(オレンジスパイニクラブ)※山本さん
5曲目) 晴れた午後は代官山で(DJ HASEBE feat. 野宮真紀)※関口さん

企業情報: 株式会社トイファクトリー

設 立:1995年8月
代表者:代表取締役 藤井 昭文
所在地:〒509-0213 岐阜県可児市瀬田800-1
事 業:
キャンピングカーの製造・販売
特殊車両の設計・開発・製作・登録・販売
政府官公庁/医療機関/放送局/海外/福祉
トイの森 キャンプ場経営
ミニベロ 小径自転車販売
フィアットプロフェッショナル正規販売ディーラー
ヨーロッパ車両輸入販売
エトルスコ日本総代理店/フェントキャラバン 極東アジア総輸入元/ハイマー正規販売代理店[東海・関西・北信越エリア]
RVパーツ輸入販売
bott日本総代理店/Super B RV車両向け日本総代理店
資本金:6,500万円
社員数:150名

~SMBCグループ協力~
『お金とくらしのトリセツ』
講師 :SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 幸田 慎吾さん
テーマ :「預金と、利息」
金融商品といえば株式や投資信託を思い浮かべる方が多いが、
預金も金融商品の一つ。預金には普通預金と定期預金があり、普通預金はいつでも自由に入出金が可能で、生活口座として使われる。一方、定期預金は一定期間引き出せない代わりに高い金利がつくが、満期前に解約すると約束された金利はつかない。普通預金の金利は約0.001%、定期預金は約0.02%。銀行が破綻しても預金保険法により、元本1000万円とその利息が保護される。利息には単利と複利があり、複利の方が利息が多くなる。複利の効果は金利が高いほど、期間が長いほど高まる。預金には他にも総合口座や当座預金があり、目的に応じて使い分けが可能。

※1枚目 Z世代の質問に答える藤井社長。2枚目 左からZ世代ゲスト関口さん、山本さん

※1枚目 左から藤井社長、Z世代ゲスト関口さん、山本さん、五十嵐。2枚目 左から藤井社長、Z世代ゲスト関口さん、五十嵐、Z世代ゲスト山本さん

なお、この番組の放送に収まらなかった完全版はAuDee、Spotifyでお聴きいただけます。

・AuDee公式ページはこちら:https://audee.jp/program/show/100000357

さらにZ世代のメディアコミュニティ「Steenz」では、オリジナル動画コンテンツとして、
放送とは異なる目線で、経営者とZ世代の熱のこもった対談の模様を配信していきます。
・Steenz公式ページはこちら:https://steenz.jp/

・アフタートーク動画はこちら:https://www.youtube.com/watch?v=xBF-VZi9hAg

■Steenz(スティーンズ)とは?(https://steenz.jp/
多様性の時代を生きる10代がもつ「自分らしさ」にフォーカスし、その生き様を賞賛し、個性を磨き続けられる社会を実現させるためのメディア・プロジェクト。

■CLUB CEOとは?
「経営者とZ世代をつなぐ未来創造番組」をコンセプトに、毎週日本を彩る『真の』経営者をゲストにお迎えし、経営者の人柄や事業内容に迫るだけではなく、
小学館が運営する10代向けメディアコミュニティ『Steenz(スティーンズ)』ならびに
幼児から中高生・社会人まで教育サービスを総合的に展開する株式会社ウィザスと連携し、Z世代が持つ「価値観」や「社会課題」を経営者と一緒に考え学んでいく番組です。

<番組概要>
番組名 :「CLUB CEO」
放送局 : interfm
放送日 :毎週日曜日 AM7:00-7:55
進行 :ナビゲーター五十嵐彰(株式会社CMerTV代表取締役社長)04095